不妊治療を受けているあなたへ

Home / Uncategorized / 不妊治療を受けているあなたへ

不妊治療を受けているあなたへ

治療もセックスも「普段着」感覚で。

不妊治療中のカップルは、少し前までは、非常に真剣で、近寄りがたい雰囲気さえありました。

不妊治療が一般的になってきた今、それほど神妙な面持ちでクリニックを訪れる方は減ったものの、似たような気配を感じることが時々あります。

しかし、「普段着」の不妊治療こそ、心がけてほしいと思っています。

病院に治療に行くことと、スーパーに買い物に行くことが、日常のなかの同じ次元にある。

そんな気持ちの持ち方が理想的だと思います。

前にも書きましたが、つき合い始めのころに比べて、結婚をきっかけにセックスの回数が減るカップルが多いのです。

それが、不妊治療を始めるとますます減り、月に1、2回、それも医師から指定された日だけ、ベジママを飲んだ日だけ、という状態に陥りやすいのです。

不妊治療中こそ、普段着のセックスが大切だと思います。

セックスは赤ちゃんを作るという行為ですが、カップルの喜びであり、楽しみであることを忘れてはいませんか?ただ、そうは言っても、不妊治療を続けていると、気持ちを楽に保ち続けるのは難しいものです。

また、なかには不妊治療にサイト当に大きなお金をつぎ込んでしまう人もいます。

少し前には体外授精が1回60万円かかっていましたから、これをくり返す生活は、「生活」イコール「不妊治療」ともなってしまいます。

今では体外受精1回あたりの医療費は約40万円ほどに下がっていますが、だからといって、まだまだ気軽に受けられる医療ではありません。

※肩に力が入ったら何度でも立ち止まり、深呼吸を。

私は、自分のホームページに次のように書いたことがありました。

「体外受精」ですか?「海外旅行」ですか? もしかしたら「海外受精」するかもしれません。

体外受精にかけるお金で、海外旅行に行ってみたら、妊娠しました……。

こんな報告をしてくれた患者さんがいたので、このように書いてみたのですこのフレーズに対して、「不愉快だ、こちらは真剣なのに」というような抗議のメールをいただきました。

不妊治療を不真面目にみているのではもちろんありません。

こういった言葉に過敏に反応してしまうとすれば、リラックスした気分で不妊治療を受けることは難しいものです。

妊娠しにくい心の持ち方をしているのではないかと思ってしまいます。

だから肩の力を抜いて、大きく深呼吸! リラックスしてこれからのページを読み進めてください。