ベジタリアン男の精子力は弱い!?栄養が足りない菜食主義者

Home / Uncategorized / ベジタリアン男の精子力は弱い!?栄養が足りない菜食主義者

ベジタリアン男の精子力は弱い!?栄養が足りない菜食主義者

菜食主義といえば、肉を絶ち、野菜中心の生活をする人々のこと。

動物の肉だけでなく、魚介類や卵も食さないラクトベジタリアンや、乳製品や蜂蜜まで口にしないヴィーガンなど、その動機もタイプもさまざまである。

ベジタリアンというと健康に良さそうなイメージがあるが、実は生殖機能からみると栄養面では少々不安な部分がある。

たとえば、ラクトベジタリアンでは、赤血球の生成や神経細胞の保護作用,そして生殖機能の維持に欠かせないビタミン が不足しやすい。

そして、ベジタリアンでなくても,栄養が足りていない人はけっこういる。

昨今、低糖質ダイエットが大流行しているが、とくに極端に脂質や糖質を控える食生活をいるケースは要注意だ。

脂肪の摂りすぎはもちろんよくないが、必要最低限は摂らないいけない。

脂肪(コレステロール)は,さまざまなホルモンの原材料になるからだ

※脂質を摂らないと性ホルモンはつくれない!

男性ホルモンのテストステロンも、女性ホルモンのエストロゲンやブログステロンも、その原料はコレステロールである。

これがなければホルモンそのものが生成されないのである。

インスタント食品ばかりでは栄養のバランスが保てないのは言うまでもないがひとつの食材だけを食べ続ける「000ダイエット」なども栄養が偏る。

たとえば、トマトの色素 リコピンが精子の運動率の改善につながるという説があるが,毎日3食トマトだけを食べる人は、まずいないだろう。

また、栄養素はほかの栄養素と一緒に摂ることで効果的に働くことが多い。

通常の食事やヴィトックスα 効果的な飲み方で摂ることが健康な精子をつくるためにもまずは大事だ。

ホルモンの数値に一喜一憂する前に,毎日の食生活の見直しをしたほうがいい。